Anser (回答)

サーフ処理とは、鉛フリーはんだによる装置部品の浸食を遅延させるための処理です。鉛フリーはんだは依然のものより一般に融点が高いため装置部品の浸食に関する環境が悪化し、はんだ浴槽の寿命が短くなるといわれています。
このサーフ処理はカナック様独自の処理ですが、硬度はHv1200程度になり複雑な形状や細穴、深穴にも均一な硬度がはいります。
鉛フリーはんだに対し親和性が低下し浸食をおさえこの問題を解決すべく寿命が長くなりました。傷防止にも効果的で色調も黒色のため画像認識用部品にも最適です。
このような処理も大野精工では、材料からサーフ処理まで一貫して製作いたします。

その他、いろいろな製品事例を掲載しておりますのでぜひご覧ください!